Captain-TのMusic Life

日々気になる音楽CD&DVDなどを話&の中心にしたブログ

KANSAS の"Audio-Visions"!!

 懐かし~!80年代を代表するアメリカン・プログレ・バンドです。
このアルバムは友人ジョーカー君が輸入盤屋で購入したのを録音させてもらって聴いていました。高校生の時でしたね。二人でお茶の水行って買ったんじゃないかな?

 最近CDで手に入れて改めて聴いたら又はまりましたよ。POPでハードでスピーディーな曲(特に04.Lonerが最高!)が要所に入っていて緩急のバランスがいいアルバムです。私はKANSASといえばLeftoverture(邦題「永遠の序曲」いずれ紹介しますよ!)が一番好きなんですが、大人になってこのアルバムが以前より好きになったので今回の紹介になりました。やはり年齢によって聴き方が変わってくるんでしょうね。プログレ嫌いの人でもこれぐらいのPOPさなら大丈夫だと思います。まあ私は08.No One Togetherなんかの往年の雰囲気がある複雑な展開にワクワクしますけど。

 Vo.のスティーブ・ウォルシュもこのアルバムで脱退(第2次KANSASで復帰)したので私の好きだったKANSASはこれで一応完結しました。
 

1. Relentless
2. Anything for You
3. Hold On
4. Loner
5. Curtain of Iron
6. Got to Rock On
7. Don't Open Your Eyes
8. No One Together
9. No Room for a Stranger
10. Back Door

安い、安すぎる!


頭切れてるけど "Loner"です。しかし見た目暑苦しいな~
ロ~~ナ~~~~!

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽