Captain-TのMusic Life

日々気になる音楽CD&DVDなどを話&の中心にしたブログ

THE KINKSの "State Of Confusion"で~す!

キンクスは一度は見たかったバンドの一つです。気がついたら解散してました。
全く私の好きなバンドは油断するとすぐ誰かが死んだり解散したりするので困ります。つまり私がもう年ということか

このアルバムは4. Come Dancingを聞く為だけでも買いです!
それくらいこの曲は名曲です。トロピカルな入りから中盤のハードな展開に入る所がメチャカッコいい!
他の曲もいいですよ。1. State of Confusionは題名通り混乱したイギリスのことを歌っているのでしょう。エッジの効いたギターが期待させてくれます。(実際ジャケはいま一つだったので聴くまで不安でした)スローな曲もありますが2. Definite Maybe、3. Labour of Loveのようなデイブのギターが前面に出た激しい曲の方が私は好きです。お昼寝ソングの大家、レイ・デイビスになぜか元気な曲を要望してしまうのは、初めて聞いたアルバムが ライブアルバムの"One For The Road" だったからかもしれません。



1. State of Confusion
2. Definite Maybe
3. Labour of Love
4. Come Dancing
5. Property
6. Don't Forget to Dance
7. Young Conservatives
8. Heart of Gold
9. Clichs of the World (B Movie)
10. Bernadette
11. Don't Forget to Dance [Original Extended Edit][#][*]
12. Once a Thief [#][*]
13. Long Distance [*]
14. Noise [*]

Hybrid SACDだ~~!


"Come Dancing"のプロモ!レイ渋いぞ~!
テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽