Captain-TのMusic Life

日々気になる音楽CD&DVDなどを話&の中心にしたブログ

熱心なファンの方ならもうご存知だと思いますが、4/1にザ・フー:アメイジング・ジャーニー デラックス・エディション [DVD]国内盤が発売されました。私はアマゾンで予約しておいたので3/31に届き、見ることができました。感想を一言で言うと、これはROCK界に残る永遠の宝です!!!

ではアマゾンから内容の紹介を!

内容紹介
「伝説」は、生き続ける。

英国が誇る伝説のロック・バンド《THE WHO》
その栄光の軌跡を総括する、ロック・ドキュメンタリーの決定版!

■英国3大バンド《THE WHO》の全軌跡を総括する決定版ドキュメンタリー!
ヒ゛ートルス゛、ローリンク゛・ストーンス゛と並び賞されるロック・レシ゛ェント゛《THE WHO》。彼らの軌跡を総括する全ロック・ファン必
見の決定版ヒストリー・ト゛キュメンタリー、遂にDVDで発売決定!

■歴史的な貴重映像・未発表映像満載!今、《伝説》の全貌が明らかになる!
テ゛ヒ゛ュー直前の最古のライウ゛映像や名盤『ライウ゛・アット・リース゛』の未発表ライウ゛映像など、コアなファンも驚く貴重な
初出映像が満載!

■これぞ《集大成》!幻の未発表ライヴを収録した豪華4枚組BOX!
2枚組「サ゛・フー:アメイシ゛ンク゛・シ゛ャーニー コレクタース゛・エテ゛ィション」に加え、今回初めてリリースされる幻の未発表ライウ゛映像
を収録した究極の4枚組BOXを発売!1964年のサ゛・ハイナンハ゛ース゛名義のPV、1969年のロント゛ン・コロシアムでの「トミー」
完全演奏ライウ゛、1970年のリース゛大学での伝説のハ゜フォーマンス、そしてフル・メンハ゛ーでは最後のライウ゛となった1977
年のキルハ゛ーンでのライウ゛が、数十年間の時を経て現実に我々の目の前に・・・!


どうですか?これでアマゾン価格¥ 7,770は安いですよ~!(定価1,0000円)

次に私の感想を書きましょう。初心者の方にはこのボックスは最後のお楽しみに取っておきましょう。感激が倍増しますよ!ビートルズのアンソロジーボックスと共に神棚に飾る一品です。見たこと無い映像を見て驚喜するも良し!キース、ジョンの死の要因を知り涙するも良し!ピートとロジャーの確執、そして和解の流れにうなずくも良し!そして何よりも音楽全てが素晴らしいんです。これらの楽曲はこの4人が演奏してこそ最高の形で表現できるんだなぁと改めて実感しまくりの9時間弱のアメイジング・ジャーニー でした。あんまり細かく書くとこれから見る人の楽しみをそぐと思いますので、細かいことはあえて書きませんが、ともかく愛すべきロックバンドTHE WHOの魅力満載でした!友人の言葉を借りると "しばらく熱病が続く" ことは間違いありません。

絶対国内盤がお薦め!!


アメイジング・ジャーニーのDVDトレーラーです。
これだけでも凄さが伝わる~!


テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽
今年一年私のブログに来て頂いた皆様、本当にありがとうございました。来年も皆様に良い年になりますように心から願っております。

さて今年最後を飾るのは、やはりTHE WHO!!

今年は待望の来日公演がありましたからね。この[The Kids Are Alright [DVD] ]は言わずもがなTHE WHOの歴史をまとめた傑作DVDです。初めてTHE WHOを体験する人には最高の教則?DVDでしょう。最近は[Amazing Journey: The Story of the Who]も輸入盤で発売されてますが、まずは[The Kids Are Alright [DVD]]を見て欲しいですね。(その方がAmazing Journeyを見た時の感激も倍増すると言うもの)

ともかくTHE WHOの魅力が詰まった作品です!TVショウでの「MY GENERATION」から始まり、最後の「無法の世界」まで全く飽きさせないのは、このバンドがいかにオリジナリティあふれるバンドであったかを物語ってます。(ファンじゃなくても面白いんじゃないかな?)
特に「無法の世界」は圧巻!一瞬のブレイク後、ロジャーの叫びと一緒にピートのジャンプ&スライディングがスローで流れるシーンは鳥肌が立つほどカッコいいです。

これからロックを好きになっていく全ての人に見てもらいたいですね!

ディレクターズ・カットも出てますが、
これでもOKですよね?


これは奇跡の映像です!


テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽
見てきました!
THE WHO~~~~~!!!!!
まずはセットリストです。
1.I Can't Explain
2.The Seeker
3.Anyway Anyhow Anywhere
4.Fragments
5.Who Are You
6.Behind Blue Eyes
7.Relay
8.Sister Disco
9.Baba O'reily
10.Eminence Front
11.5:15
12.Love Reign Over Me
13.My Generation
14.Won't Get Fooled Again
アンコール
15.Pinball Wizard
16.Amazing Journey
17.Sparks
18.See Me Feel Me
19.Tea & Theatre

10代の頃、私の心には神の御三家バンドがおりまして、それがTHE BEATLES,THE ROLLINGSTONES,THE WHOでした。BEATLESはジョンが死んで、体験は無理。STONESは2度来日公演見ていたので、後一つTHE WHOを体験せねばと思ってましたから、もう感無量です。(前回のロック・オデッセイは仕事の都合で行けなかった。)

一言で今日のライブを伝えるとするなら、ハード!!泣かせる6. Behind Blue Eyesでさえも初めから凄みを感じました。ともかく最初から最後までハードに突っ走るTHE WHOでした。確か3曲目ぐらいまでMCも無く、曲間もそんなに開けず演奏してました。昨日のオフで休息十分か?

さすがゴッド・オブ・パンク!!です。
60代のやるライブじゃありませんね。1. I Can't Explainと13. My Generationは私もバンドでやってるんですが、切れ味が違いすぎる。

欲を言えばベースの音をもう少しブライトな音色で弾いて欲しかったな~。
やはりジョンは偉大だった。

1、5、9、13、14、15、17、18曲目の時、かなり客席が盛り上がってました。
私は "IT'S HARD"の収録曲の10. Eminence Frontもクールで良かったです。あのままWHOが活動してたらこの曲のようなのもっと作ってたかも?(好き嫌いの分かれるところですが)

これはまだまだWHOは続きそうですよ。ザックのドラムもハマってるし、アルバム"ENDLESS WIRE"も聴けば聴くほど良いし!(最初はちょっと、って感じでしたけど5回目ぐらいで良さが染み込んできました。)Real Good Looking Boyは良い曲だし!
ギター壊しが無かったのが残念でしたけど、 ただただピートとロジャーに感謝です。再来日ありがと~~~!

いつまでもとんがった演奏を続けて下さい! 
"俺たちゃ歳とる前に死にたいぜ!" まさにそのト~リ!!

今回はやらなかったけど "Real Good Looking Boy"です。今度はやってね!


今日は2発だ~!2006年ですが"Baba O'reily"です。
ド~ンクラ~イで一緒に歌ったよ~!!
テーマ:ライブ シーン - ジャンル:音楽
THE WHO 二度目の来日です!前回は仕事で行けなかったけど、今回は11/16日曜日の公演があったので行けるんです。しかも埼玉スーパーアリーナだから近くてラッキー!!館長と盛り上がってきます。当日は会場で友人と会えるのも楽しみ!

という訳で今回は来日記念! THE WHOの
Quadrophenia(邦題「四重人格」)の紹介です。

1965年のイングランドを舞台にし、ジミーというモッズ少年の物語を描いたコンセプト・アルバムになっている。ジミーは多重人格者であり、四つの人格にザ・フーの四人を反映させている。本作品を元にした映画「さらば青春の光」が1979年に公開され、モッズ・リバイバル・ブームを引き起こしている。(以上Wikipediaより)
なのですが、そんな背景知らなくてもこれはとてつもないロックアルバムです。しかも2枚組。最近ふと思ったんですが今までの偉大なロックバンドの中でスタジオ盤で2枚組を2セット作ったバンドっていたかな~?思い当たらないんですよね、THE WHO以外に!!
しかももう一組であるTOMMYもロック史に残る名作なんだからこれは大変なことなんじゃないでしょうか。

QuadropheniaはSE がいっぱい入っていて、SE好きの私にはTOMMYより好きな要因の一つです。今回の来日でもこの中からたくさん演ってくれると思います。特に2.リアル・ミー - Real Me熱望!(各曲にはあまりふれなかったな~
DISC 1
1. ぼくは海 - I Am the Sea
2. リアル・ミー - Real Me
3. 四重人格 - Quadrophenia
4. カット・マイ・ヘアー - Cut My Hair
5. 少年とゴッドファーザー - Punk and the Godfather
6. ぼくは一人 - I'm One
7. ダーティー・ジョブス - Dirty Jobs
8. ヘルプレス・ダンサー - Helpless Dancer
9. イズ・イット・イン・マイ・ヘッド - Is It in My Head?
10. アイヴ・ハッド・イナフ - I've Had Enough

DISC 2
1. 5:15(5時15分) - 5:15
2. 海と砂 - Sea and Sand
3. ドゥローンド - Drowned
4. ベル・ボーイ - Bell Boy
5. ドクター・ジミー - Doctor Jimmy
6. ザ・ロック - The Rock
7. 愛の支配 - Love Reign o'er Me




キースのテーマ "ベル・ボーイ - Bell Boy"
こんなドラマーの歌い方初めて見た!キースはドラムだけじゃなく本当にやってくれます
テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽