Captain-TのMusic Life

日々気になる音楽CD&DVDなどを話&の中心にしたブログ

Peter Gabriel "Peter Gabriel"です。

この人は4枚目まで全部アルバムタイトルが"Peter Gabriel"なんで、便宜上今日紹介するのに名前をつけるなら1です。

つまりファーストなんですが、GENESIS脱退後のキャリアたっぷりの人だっただけに最初っから貫禄たっぷりです。

ピーターのアルバムはどれも素晴らしく、私は全部コレクトしようと頑張っていますがこの1は特に好きなアルバム!ジャケットも正に芸術!

ちょっと張り切り過ぎかと思える曲も無いことは無いんですが、GENESISでは見せなかった個性あふれる曲がたくさんあってアルバムのバランスを保ってます。7. ウェイティング・フォー・ザ・ビッグ・ワンなんてブルースですからね!最初聞いたときはえっピーターがブルース?って耳疑っちゃいました。まぁちゃんと独特の味付けはされてましたけど。

このアルバムで一番好きな曲はなんといっても2. ソルスベリー・ヒル!!!牧歌的で、優しく心を癒してくれます。マニアの方は9. ヒア・カムズ・ザ・フラッドだろ!って言うかもしれませんがね。(確かにこれも名曲!)

1. モリバンド・ザ・バーガーマイスター
2. ソルスベリー・ヒル
3. モダン・ラヴ
4. エクスキューズ・ミー
5. ハムドラム
6. スロウバーン
7. ウェイティング・フォー・ザ・ビッグ・ワン
8. ダウン・ザ・ドルチェ・ヴィータ
9. ヒア・カムズ・ザ・フラッド


私がリマスターのプラケース買った後で紙ジャケでてました。


当然"Solsbury Hill"です。年はとっても曲と声は1級品!
テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽