Captain-TのMusic Life

日々気になる音楽CD&DVDなどを話&の中心にしたブログ

CAN "Future Days"です。このCAN(カン)というバンドには20代前半に一度遭遇しています。といってもブートのジャケを見ただけ。兄と一緒に新宿西口で他のバンドのブートを漁っていたら、100円コーナなるところでCANのブートを発見したんです。名前だけは聞いたことがあったのですが、ドイツのバンドということで、当時イギリス&アメリカのバンドにしか興味を持っていなかった私には魅力は無く、当然買いませんでした。しかし兄は買ったんです。好きだというわけではなく、別の店に売ってみたらどれぐらいの値になるか試したいというだけで。私もそれは面白いと色々と物色しました。どうせどれも100円ですからたいした出費にはなりませんからね。そして結果は、...何とCANが一番高値の1500円で買い取られたんです。これには兄も驚いていました。(私のはほとんど同値でした。)

それ以降CANには一目置いていたのですが、結局聴かずじまいでした。最近になってやっと手に入れたのがこの"Future Days"なんです。で、感想は、...面白いです。独自の色があります。プログレというジャンルに入るんだろうけど、なんかちょっと良い意味でずれてるように思えます。プログレよりも自由度が高いような、ちょっと民族音楽のテイストもあります。演奏は申し分なく上手い!効果音も入っていて好みの音楽です。

2代目ボーカルが日本人のダモ鈴木という人で、Wikipediaでこの人のことを調べたらとんでもない経歴の持ち主でした。”国際派日本人ヒッピー世代を象徴する人物”っていったい何?。でも声は予想に反して高めで優しい感じでした。電話越しに歌っているみたいな処理がされているんですが、それがまたいい味出しています。また好みのバンドに出会えたのでこれからコレクトしていくのが楽しみです!



動画じゃありませんが1曲目 "Future Days"です。幻想的ですな~。
テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽