Captain-TのMusic Life

日々気になる音楽CD&DVDなどを話&の中心にしたブログ

環境と社会と経済の3つの観点から、世界を持続可能にしていく取組みのことをサステナビリティと言います。

これをテーマとしたセミナーが、2015年1月28日、29日、30日の3日間、東京の六本木アカデミーヒルズ、及びホテルオークラで行われ、大盛況のうちに幕を閉じました。

主催したのはアメリカ大豆協会です。

日本の大豆自給率は、平成25年でたったの6%ということですから、輸入に頼らざるを得ません。

アメリカにとって日本という国は、食品大豆輸出相手国1位の国です。

アメリカ大豆の魅力を日本人によりいっそう知ってもらいたいという意味でも、日本でのセミナー開催は有意義なものになったと思います。

自然環境を保ち続ける(サステナブル)ことを考えた、環境に優しい方法による大豆生産は、これからもより多くアメリカで行われていくことでしょう。

大量生産&大量消費という経済活動のやり方では、もはや世界を持続していくことは不可能なのだという事を、これを機会に多くの人が気付いてくれると良いですね。

アジア初!アメリカ大豆輸出協会 六本木ヒルズ アカデミーヒルズにて日本の食品業界向けサステナビリティセミナーを開催しました。Seminar on Sustainable U.S.-grown Soy

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://standman1.blog27.fc2.com/tb.php/2034-27a83a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック