Captain-TのMusic Life

日々気になる音楽CD&DVDなどを話&の中心にしたブログ

皆さんは印紙税の意味をご存知ですか?

小泉元総理によると、

「印紙税は、経済取引に伴い作成される文書の背後には経済的利益があると推定されること及び文書を作成することによって取引事実が明確化し法律関係が安定化することに着目して広範な文書に軽度の負担を求める文書課税である。」(平成17年第162国会櫻井参議院議員の質問に対する小泉総理の答弁書)

これではちょっと難しすぎて何がなんだかわかりませんよね。

もっと簡単に説明すると、「お金のやり取りの際に文書を使うと安心感が得られるのは、法律でその文書が守られているため。だから、その安心料みたいなものとして印紙税を収めるべき」とでも言いましょうか。

今日紹介する新日本法規出版株式会社では、印紙税に関する適正な理解の浸透を目指すとともに、印紙税検定を広く普及させることを目的に株式会社日本経営税務法務研究会と業務提携契約を締結し、同研究会主催、鳥飼総合法律事務所監修による「印紙税検定~初級篇~」(8/22開講)の販売を2017年8月1日(火)に開始しました。

「印紙税管理士(R)」になりたい人は、この初級編からスタートして見てはどうでしょうか?

意外にも士業において、印紙税の専門家がほとんどいないという現状だそうなので、これはなかなか穴場の職業だと思いますよ!

興味のある方はリンクをクリックしてサイトに行き、詳細を確認してくださいね!





印紙税に関する法令や通達等の読み方の習得から、契約書などの文書事例において課否判断という法的思考の基礎を身に付ける検定講座「印紙税検定~初級篇~」(8/22開講)の販売を8月1日(火)に開始しました。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://standman1.blog27.fc2.com/tb.php/2226-4ea4ffc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック