Captain-TのMusic Life

日々気になる音楽CD&DVDなどを話&の中心にしたブログ

太陽光発電を実施している業者の方はもうご存知かもしれませんが、2017年4月に施行された改正FIT法により『事業計画書の提出』『柵および標識の設置』『メンテナンス管理』が義務化され、これらを怠った場合、認定が失効し売電ができなくなる可能性が出てきました。


メンテナンスの仕方に一工夫加えたい人や、将来発電所を売りたい方、遠隔監視コストを減らしたい方などは、今日紹介するエナジー・ソリューションズ株式会社のセミナーに参加してみてはどうでしょうか?

業界最大級の土地付き太陽光・小型風力発電専門サイト「メガ発」を運営する株式会社エナジーリンクスが、10月21日(土)にエナジー・ソリューションズ株式会社と共催で「太陽光発電総合メンテナンス om’s(オムズ)セミナー」を開催します。

ちなみにエナジー・ソリューションズ株式会社は、全国で4,000箇所の低圧~高圧太陽光発電に導入されている遠隔監視サービス「ソーラーモニター」を提供。同モニターを使用したメンテナンスサービス「om's(オムズ)」をリリースしております。

当日は保険担当者も招き、実際のトラブル事例とその際の補償なども説明致します。
セミナーの参加費用は無料、太陽光発電所に関する保守・管理に関するあらゆる疑問にお答えします。


法律の改訂によって、仕事に支障が出てくるのって、最悪なことだと思います。

国の事情とはいえ、せっかく電力自由化になった矢先にこういったことが起こるのは、みすみすビジネスチャンスを逃すようなことになり得ますので、こういったセミナーに積極的に参加して、対処してください。

やはり自分の身は自分で守らなければいけないということですね。

興味のある方はリンクをクリックしてサイトに行き、詳細を確認してください!

【10月21日(土)】株式会社エナジーリンクス / エナジー・ソリューションズ株式会社共催「太陽光発電総合メンテナンス om’s(オムズ)セミナー」開催!改正FIT法で必須となった保守管理を徹底解説!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://standman1.blog27.fc2.com/tb.php/2245-167d8171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック