FC2ブログ

Captain-TのMusic Life

日々気になる音楽CD&DVDなどを話&の中心にしたブログ

私はミュージカルには疎いのですが、今日は巷で話題になっているミュージカルを紹介します。

それがこれ


流石の私でも「キャッツ」「オペラ座の怪人」「ライオンキング」「エビータ」ぐらいは名前は知っています。

その「キャッツ」「オペラ座の怪人」
作曲 アンドリュー・ロイド・ウェバー
×
「ライオンキング」「エビータ」
作詞 ティム・ライス

という二人の巨匠がタッグを組んだ傑作ミュージカルが今日紹介するこの夏上演の『ジョセフ・アンド・ジ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』です!

私が感心したのは、使われている曲は名曲「Any Dream Will Do」やロック、ゴスペル、合唱と幅広く取り上げているところです。

しかも、全て英語で歌われてても字幕付きで楽しめるそうなんです。

最近のミュージカルって、字幕がつくんですね。

知らなかったな〜。

でも、字幕のおかげで、この場面でなぜこの曲が使われるのかという疑問が解消されると思うので、これはとても素晴らしいサービスだと思います。

観客も一緒に歌って踊って楽しめるというのも魅力的ですね。

こうなってくると、ミュージカルもロックライブ見たいな盛り上がりを見せることでしょう!


『ジョセフ・アンド・ジ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』は「ユースシアタージャパン」が提供しています。
ユースシアタージャパン 公演情報サイトで詳細がわかりますので、興味のある方はリンクをクリックしてサイトに行ってくださいね!

以上、レビューブログからの情報でした。



ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://standman1.blog27.fc2.com/tb.php/2349-d15d1d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック